blog

BackWPupの設定方法と使い方【自動バックアップ】

WordPressでブログやサイトの運営を始めたのは良いけど、バックアップの取り方がイマイチ分からない

そのような思いを持っている方、多いのではないでしょうか。

実は僕自身、以前に別のブログを運営していた時あまりバックアップの重要性を理解していなかったのですね。

で、何かのきっかけでサイトの閲覧ができなくなったのですが、バックアップを取っていなかったばかりに復旧することができず、泣く泣くそのサイトを閉じた経験がありました。

ショックと言うか絶望でしたね

特に長い期間サイトを運営していけばしていくほど、何かあったときのためのリスクマネジメントは大切になります。

WordPressのバックアップを取る方法はいくつかありますが、今回はプラグインを使用したバックアップの方法について書きます。

設定は一度行えば定期的にバックアップを取ってくれるので、僕みたいな悲しい思いをしないようにぜひ参考にしてください。

▼BackWPupとは?
サーバのデータ、データベースのデータのバックアップを自分が設定したスケジュールで定期的に取得してくれるプラグインです。

WordPressのバックアップとは

WordPressでバックアップを取っておきたいものは、大きく分けて2種類あります。

サーバにあるデータテーマ、画像、プラグインなど
データベースにあるデータ記事の内容・公開日・カテゴリーなど

この表で挙げたものがきちんとバックアップ取れていれば、ほぼほぼ元通りに復旧することができます!

BackWPupプラグインなら、この2種類のバックアップを取ることができるんですね。

BackWPupのインストール方法

それでは早速プラグインのインストールをしましょう。

管理画面>プラグイン>新規追加をクリックします。

すると、プラグインの検索画面に遷移しますので、検索窓に「BackWPup」と入力しましょう。

↑こちらのプラグインです。

インストールしたら忘れずに「有効化」をしましょう!

BackWPupの設定方法

BackWPupは少し設定が多めですが、一度設定しておくとその後が楽なので漏れがないように設定しましょう。

通常、プラグインの設定は「プラグイン」の項目から「設定」へと進むことが多いのですが、BackWPupはインストール後、管理画面の左下あたりに表示されるようになります。

「BackWPup」>「新規ジョブを追加」をクリックします。

新規ジョブとは「この設定でバックアップを取っておいてね」というものなので、忘れずに設定を行いましょう!BackWPupはインストールしただけで勝手にバックアップを取ってくれる訳ではありません!

バックアップの頻度ですが、個人差にもよりますが僕の体感的には毎日だと多い気もするし、1ヶ月に1回だと少ない気もするので、1〜2週間に1回くらいですかね…。

僕は1週間に1回にしているので、それで説明を行いますね。

一般設定

まず「一般」タブから設定を行いましょう。

このジョブの名前:こちらは分かりやすい名前にしたらOKです!「週1Backup」とかですかね。

このジョブは…:チェックボックスを選択できるようになっていますが、こちらはデフォルトのままで構いません。

少し下にスクロールすると「アーカイブ形式」(保存ファイルの圧縮形式)を選択できます。

Windowsユーザなら「Zip」、Macユーザなら「Tar GZip」を選択しましょう!

バックアップファイルの保存方法:こちらは特に希望が無ければ「フォルダーへバックアップ」にチェックを入れましょう。

ここにチェックを入れることで「wp-content」フォルダの中の「uploads」の中にバックアップが保存されていくようになります。

ログファイルについてですが、基本的には空欄のままで構いません。ログを指定のメールアドレスに飛ばしたい場合は入力しましょう。

ここまでの項目を確認したら、「変更を保存」をクリックします。

スケジュール設定

それでは次に「スケジュール設定」へ進みます。

ジョブの開始方法:「WordPressのcron」にチェックします。

スケジューラーの種類:「基本」にチェックします。

スケジューラー:今回は週1で設定しようと思うので「毎週」を選択し、日時については任意に設定します。

だいたいですが、アクセスが少ないのは日曜の2時〜4時くらいですので特に希望が無いようだったらそのあたりで設定すると良いでしょう

上記を設定したら忘れずに「変更を保存」ボタンをクリック。

DBバックアップ設定

バックアップするテーブル:こちらはすべてデフォルトのまま、すべての項目にチェックが入った状態でOKです。

バックアップファイル名:こちらもデフォルトのままでOKです。

バックアップファイルの圧縮:「GZip」にチェックを入れましょう。

設定が完了したら「変更を保存」をクリック!

ファイル設定

ファイル設定についてはデフォルトのままで構いません!

プラグイン設定

こちらもデフォルトで構いません!

宛先:フォルダー設定

こちらも特に触る必要はありません!

ジョブの確認と実行

先ほどまでの手順でプラグインの設定が完了しました!お疲れさまです。きちんと設定が完了しているか確認をしましょう。

BackWPup>ジョブをクリックします。

するとこのように表示されると思います。

前回の実行時間と次回の実行予定時間が表示されます。

プラグインの設定後、初回はきちんと動くか確かめたいので、初回のみ「手動」でバックアップを取ってみましょう!

マウスを赤枠あたりに持ってきたらメニューが表示されるので、【今すぐ実行】をクリックします。

上記の画面になると、正常にバックアップが作成されたということですね!

バックアップの確認

それでは最後に作成されたバックアップを確認してみましょう!

BackWPup>バックアップをクリックします。

するとバックアップが並んでいますので、必要な時はこちらからダウンロードしましょう。

BackWPupのプラグインまとめ

今回はWordPressのバックアップを自動で作成してくれる、【BackWPup】というプラグインを紹介しました。

初回の設定に少しだけ時間がかかりますが、無料の機能でもここまでできるなんて、本当に開発者には頭が下がりますね

こちらのプラグインは有料版もあり、そちらではさらに高機能になっています。

とはいえほとんどの方は無料の機能で十分かと思います!

サイトを作り込んでいけばいくほど、バックアップはとても重要です。

みなさんも忘れずにバックアップは作成しましょう!