life

物事を継続するメカニズム【やる気の出し方】

突然ですが人間ってつい、楽な方に行動してしまいがちですよね…

筋トレ、語学学習、ブログ、朝活・・・と何か新しい物事を始めて、最初の方はいいんですよ。モチベーションがあるので。

でも少しずつモチベーションが無くなり、最終的にはやらなくなる…

結局、新しく始めたことを途中で挫折する人って、けっこう多いのではと思います。

途中で物事を投げ出すことがないよう、やる気を出して物事を継続するメカニズムについて説明します。

新しいことを始めてもすぐに辞めてしまうんですよね…
物事を継続するコツを説明するよ!

脳のメカニズムから考えてみる

脳という器官は、体の中でも特にエネルギーの消費が多い器官ということが知られています。

体のありとあらゆるものを司っているのでそれに応じて消費するエネルギーも多くなる、ということですね。

でも当然、生命を維持するために他の器官も動き続けなければいけないので脳にばかりエネルギーを使用する訳にはいきません

だから特に活動の必要性が少ない時は省エネモードになっているのですね。

これがいわゆる「やる気がない」という状態です。

やる気がない=「悪」ということでは無く、生命の維持のために活発に動く時とエネルギーの消費を抑える時も必要ということですね!

省エネモードからやる気モードへ切り替えるには

やる気が無い状態が悪ではないということが分かっていただいたと思うのですが、「じゃあやる気モードに切り替えるにはどうしたらいいの?」という疑問が出てきますよね。

めちゃくちゃ簡単に言うと【とにかく行動すること】です!!

え?・・・
それだけです!
「やる気」が出ないと「行動」できなく無いですか!?

なんとなくイメージ的には「やる気が出る」→「行動する」と考えがちなんですが、逆で、

「行動する」から「やる気が出てくる」という脳の働きを、あの「クレペリン検査」で有名な心理学者のクレペリンさんが発見したんですね。

これはみなさんも経験あるんじゃないでしょうか。

  • 掃除やる前はめんどくさかったけど、途中からやる気が出てきた
  • スポーツする前はだるかったけど、途中からやる気が出てきた

みたいなことありますよね?

あの状態はまさに途中からやる気が出るパターンです。ということで有無を言わずとにかく行動!というのをまず頭に入れてください。

行動を起こすためのコツ

行動が大切なことは分かったけど、そもそも行動するのが大変…
では次に行動するコツについて説明しますね!

行動することが大切と言っても、それで簡単に行動できたら苦労しないですよね。

それでは次に行動を起こすためのコツを説明します。

自由に使える時間を確保する

そもそも論で、自分の自由に使える時間を捻出するということが大切です。時間が無いと新しいことに挑戦できないですから。

別に時間を確保することには困っていないという人は飛ばしてください><

朝活をする

1つ目はこれです。朝活流行ってますよね。

先に行っておきますが僕は朝活信者ではありません。笑

1日のうちの何時でも、時間を確保することができればいいと思っているのですが、僕がいろいろ試した結果、なんだかんだ朝イチに時間を確保するのが良かったです。

僕がメリットとして感じたのは下記です。

  • 誰かの都合や予定に左右されない
  • 朝イチにやらないと他のことができない、という強制感
  • 朝の清々しさ

夕方に何かをやろうとしたら、急な予定が入ったりして結局潰れたりするんですよね…

その点、朝イチなら周りの邪魔が入らないので、自分がやるかやらないかの決断だけになります。

それに朝イチに行動することで半強制的に何かに取り組む時間を作ります。先ほども言いましたが「やる気を出す」にはとにかく「行動」ですので!

あとは単純に朝って気持ちがいいです(´-`)笑

スマホの見すぎ問題

上の画像は僕が朝活を始める前にスマホを見ていた時間です。

意外と意識してなかったのですが、1日平均5時間弱って… しかもゲームの時間長すぎ…

ちゃんと意味があってスマホ触るならいいと思うんですが、ダラダラスマホ触ったり、ゲームをやったりする人いますよね?

その時間を削ったらだいぶ時間を捻出することができると思うので、自分のスマホ見ている時間についてちょっと意識してみてください。

どうしてもダメなら転職

仕事の時間がものすごく長く、1日の中でどうしても時間を作ることが難しいという方は思い切って転職をすることも視野に入れた方がいいかもですね。

もちろん時間が長くても現状に満足しているなら無理して環境を変える必要は無いですが!

思い切って環境を変えてみると、新しい発見や物の見方が変わりますよ

成功体験のスモールステップを踏む

行動を起こすとやる気が出ることは分かった、時間もある、だけど実際に行動を起こすことって難しい…

そう感じている方にもう1つアドバイスをしたいと思います!

それは【スモールステップ法】というものです。

スモールステップ法とは
日本語にすると「小さな階段」という意味。いきなり高い目標を設定するのではなく、目標を細かくし、小さな目標を達成しながら最終目標に近づいていくこと。心理学の手法の1つ。

高い目標を設定することは大切なのですが、いきなり設定した目標が高いと達成することは困難ですよね?

なかなか目標が達成できないと、「自分はダメだ」「楽しくない」「辛い」などといったネガティブな思考に陥りがちです。

スモールステップ法では、最終目標を達成するために、小さな目標を設定しそれを1つずつクリアしていくことで成功体験を積み重ねていきます

小さな目標でも「できた!」という経験が大切なんですね!

成功体験を積み重ねていくことで、やる気UPにもつながっていきます!

行動するのがおっくうな方は、いきなり大きいことをやろうとせず小さなことから始めてみてください。

僕自身の経験

僕が今特に時間を使いたいと思っているのは下記です。

  • ブログ
  • ワークアウト
  • 情報のインプット

今まではこれらを、主に夕方や深夜でやっていました。

ただ、モチベーションがある日はいいのですが、しんどいときはサボったりするときもあったんですね。

なので全部朝イチに持ってきて、とにかく行動を起こすことにしました。

ブログ書くためにとにかくパソコンを開く、ワークアウトを行うためにとにかくジムに行くなど。

今でも正直キツくてサボりたくなってしまう日もありますが、習慣になったので全く苦ではないですね

まとめ:習慣になるまで継続しよう!

みなさんそれぞれ、新しくチャレンジしたいことがあると思います。

物事を継続するコツを今回は説明しましたが、最終的な目標は習慣化です。

特に意識しなくても、行動するのが当たり前というところまでなってくると成果をあげることができるかと思います。

僕もがんばりますので、みなさんも一緒にがんばりましょう!