education

教員が「プログラミング」を学ぶ必要性

僕は高等学校の保健体育教諭でした。

で、今は何をしているかと言うとIT企業に勤めている訳ですね。

僕は以前から教員はノースキルだと言っていますが、そんな僕がIT企業に転職したのは【プログラミングの勉強をしたから】だと思っています。

教員がみんなIT企業に転職したい訳では無いと思うのですが、僕がプログラミングの勉強を実際にしてみて、これは教員を続けている人にとっても勉強する価値があると思ったので、お伝えします。

プログラミング?教員は勉強する必要無いでしょ?
できるならした方が良いですね!

なぜプログラミングを学んだほうが良いのか?

僕がプログラミングを学んだほうが良いと思う理由は大きく分けて下記の通りです。

  • プログラミング学習を学んだ生徒がいずれ入学してくる
  • 凝り固まった考えを、ほぐしてくれる
  • PCの操作スキルが向上する
  • 将来的に副業や転職も視野に入れる事もできる

詳しく解説してきますね!



プログラミング学習を学んだ生徒がいずれ入学してくる

1つ目の理由はこれです。

「2020年」から小学校においてプログラミング学習が必須になったことは教育関係者であれば周知の事実かと思います。

当初、プログラミング学習発表された当時、先生方は「教師もプログラミングできるようにならないといけないの!?」と混乱していると、いろいろな所で聞きました。

ただ小学校ではコードを記述するという訳では無く、あくまでも、自分が意図する活動を実現するためにどのような動きが必要か、記号の組み合わせをどのようにしたら改善できるかと言った、【プログラミング的思考】を身につけるための学習です。


参考:文部科学省

でもいずれその子達が中学校、高校と上がってくるにつれて、授業の中で実際にプログラムコードを書いていくようになりますよね?

生徒と話をしてプログラミングの話になった時に、専門外だから分からない、という言葉で済ませるのでしょうか。

どの教科の先生だったとしても、プログラミングについて話すことができたら、生徒からの信頼を得る1つのきっかけとなると思います。

中学校・高校の先生にとっては、プログラミング学習を導入予定の今が勉強のチャンスだと思います!

▼僕が転職時に通ったスクールはこちら

体育の先生→IT業界へ!異業種に転職した僕が通ったプログラミングスクール僕は高等学校で保健体育の教員として勤めていました。 転職しようと思ったきっかけについては https://takatechb...

凝り固まった考えを、ほぐしてくれる

教員の中にはものすごく態度が偉そうな先生っていないですか?

それって元々の資質というのももちろんあると思うのですが、僕としては「新しいことを学習」しようとせず、自分の知っている小さな世界だけで満足している人だと思っています。

自分の知っている世界が全てだという考えですね。

それに加えて、勉強で自分の方が生徒より学力がある、部活にしても自分の方が実績がある・・・

生徒のことを自然と自分より下だと思って接していくうちに、だんだん偉そうになっていくんですよね。

でも新しいことを学ぼうとしている人や、教員以外の外の世界に目が向いている人は決して偉そうにはしていないです。

自分が無知なことに気付かされますからね。

ほとんどの先生にとってプログラミングは経験したことがないものでしょう。

最初は、理解が難しいこともあると思いますが、知らない世界を知っていくのって楽しいですよ!

常に学ぶ姿勢は大切ということ!

PCの操作スキルが向上する

これは直接プログラミングを学習することのメリットという訳では無いですが、副産物的なメリットとしてPCの操作スキルが向上します。

学校現場でPCを使用するとはいえ、タッチタイピングができない先生ってけっこういますよね。

ちなみに僕もタッチタイピングできませんでした・・・

プログラミングの学習をしていく中で、単純にPCに触れる時間が長くなるということもありますし、毎回手元を見ながらだと効率が悪いので「タッチタイピングを覚えよう!」っていう気になります。

いや、これはけっこう重要で必要に迫られないと習得できないからですね。

▼こちらも合わせてどうぞ

タッチタイピング(ブラインドタッチ)を身につける方法【簡単】みなさんこんにちは!元教員ブロガーのタカテックです! 突然ですが、みなさんはタッチタイピングできますか? タッチタイ...

将来的に副業や転職も視野に入れる事もできる

最後はこちらです。

現在「副業」や「リモートワーク」が推進されているのはご存知だと思うのですが、プログラマーはこれらがしやすい職業の代表格です。

スキルさえあれば、場所も所属も働き方も選ぶことができるんですね。

プログラミングを学びスキルを身につけていけば、将来的にはこのような働き方も可能です。

教員の働き方には限界を感じています・・・
ストレスから体調を崩してしまいました・・・

このような状況を改善できる可能性があるんですね!



自分の将来の働き方をしっかりと考えていきませんか?

教員がプログラミングを学習した方がいい理由を説明しましたが、僕は教員を続けていくにしても、辞めて違う道に進むとしてもプログラミングの学習はやっておいて損は無いと思っています。

新しいことにチャレンジしていくと、必ず自分のプラスになりますからね。

僕は教員を辞めることを選択しましたが、プログラミングを学ぶことで将来的に自由な働き方をしたいと思っています。

みなさんも興味が出たら、少しでも良いのでプログラミングに触れてみてはどうでしょうか。