blog

WordPressインストール後にやっておくべき初期設定とは

WordPressをサーバにインストールしました!じゃあ早速記事を書くことができるんですね!

・・・という方がいるかも知れないですが、記事を書く前に最初にやっておくべき初期設定についてまとめました。

まだサーバの契約やドメインの取得、WordPressのインストールが終わってない方、そもそもどうやってブログを始めたら良いの?って方は↓こちらを先にご覧くださいm(_ _)m

WordPressでブログを開設する方法【初心者OK!】最近ブログを開設する人、増えていますよね。 WordPressを使用してのブログの開設は、PCにそこまで詳しくない人からするとちょ...

本記事はWordPressのインストールが終わっている方向けの記事です!

WordPressにログイン

WordPressのインストールが完了したら早速管理画面にログインしてみましょう!

管理画面URLは「あなたのドメイン+/wp-adminです」

すると上記の画面になると思うので、あなたが設定した

  • ユーザー名(またはメールアドレス)
  • パスワード

を入力してください。

WordPressの管理画面に入ることができましたでしょうか?WordPressは記事の作成やレイアウト・デザインの変更などをこちらの管理画面上で行うことで表側(サイト)の見た目や機能が変更されます!

いよいよあなたの使い勝手が良いように、WordPressのカスタマイズをしていくのですが、もろもろの変更を行う前に、「最低限やっておくべき」設定を記載するので、初めにやっておいてくださいね!

やるべきことは・・・

・http→httpsへ設定の変更
・http→httpsへのリダイレクト
・パーマリンクの設定

上記の3つです!早速設定していきましょう!

http→httpsへ設定の変更

WordPressでブログを開設する方法【初心者OK!】最近ブログを開設する人、増えていますよね。 WordPressを使用してのブログの開設は、PCにそこまで詳しくない人からするとちょ...

こちらの記事を見てWordPressの設定をしてきた方なら問題無いと思いますが、エックスサーバーの「サーバーパネル」からSSL設定を行いました。

今からサイトのURLを変更します。

※もしSSLの設定をしていない場合は設定変更しないでください!

WordPress管理画面左下の「設定」にマウスを乗っけるとサブメニューが出てきますので「一般」をクリックします。

※利用しているテーマやプラグインの関係で、若干管理画面の項目が違いますがお気になさらず><

「一般設定」の画面になると思うので3点確認をしてください。

  1. キャッチフレーズの欄は空欄に
  2. WordPress アドレス (URL)のhttpの後に「s」を追加
  3. サイトアドレス (URL)のhttpの後に「s」を追加

調整が完了したら忘れずに画面左下の「変更を保存」ボタンをクリックしてくださいね。

この作業であなたのサイトのURLが【https://独自のドメイン】へと変更になりました!ざっくりいうとセキュリティがちゃんとしているサイトになった、ということです!

ちなみに「http」のままのサイトはGoogleChromeとかのブラウザでサイトを閲覧した時にアドレスバー横に「保護されていない通信」という文言が表示されます。SEO的に良くなかったり、サイトを訪れたユーザーが不審に思い、サイトを離脱する要因になったりもします。

http→httpsへのリダイレクト

続いては「http→httpsへのリダイレクト」です。

先ほどの手順でサイトのURLがhttps〜で始まるものになりましたよね。

リダイレクトというのはあるURLにアクセスがあった場合に別のURLに飛ばすことです。

今回は「http〜」のURLにアクセスがあった際に「https〜」のURLに飛ばす、という設定を行います。

エックスサーバーのサーバーパネルへログインします

ログインできたら「ホームページ>.htaccess」をクリックします。そうしたらドメインを選択する画面に遷移するので、今回調整を行うドメインの「選択する」をクリックします。

すると↑の画面に遷移するのですが・・・

この「.htaccess」に記載している内容を変更しますが、注意書きにある通り、不用意に削除したり、記述ミスなどがあるとサイトが表示されなくなったりする可能性があるので作業は慎重に行いましょう

とはいえちゃんと手順通りに行えば問題は無いですよ!

「.htaccess」タブをクリックしましょう。

すると赤枠で囲んだ部分に文字列が記載してありますよね。

この部分に今からコードを追記するのですが、先ほども言ったように記載ミスをするとサイトに不具合が起きるので、先に内容すべてをコピーしてどこかに貼り付けておきます。

コピーしてバックアップを取っておくことで最悪不具合が起きても元に戻すことができますので!

コピーが完了したら、コードが記載してある一番上の部分に以下のコードをコピペします。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L]
</IfModule>

コピペが完了したらあとは画面右下の「確認画面へ進む」を押して、「実行する」をクリックでリダイレクトの設定が完了です。

実際に「http〜」のURLを入力してみて、自動的に「https〜」のURLに変更されているのが確認できたらOK!

パーマリンクの設定

パーマリンクとはブログの記事のURLのことです。

例えば僕のブログの記事だとすると https://takatechblog.com/hogehoge

この設定では「hogehoge」部分を自分で任意の文字に決めることができるように設定を行います!

▼まずはWordPressの管理画面を開きます。

「設定>パーマリンク設定」へと進みます。

まずは一番下の「カスタム構造」のボタンにチェックを入れます。

そしてテキストを入力する欄があるので、そちらに「/%postname%」と入力するか、下のボタンから「/%postname%」のボタンを探し、クリックすると自動で入力されます。

最後は忘れずに画面左下の「変更を保存」ボタンをクリックしてくださいね。

これでパーマリンクの設定が完了しました!

後は実際に記事を書き始めたら分かると思うのですが、それぞれの記事のURLを自分の好きな名前で設定できるようになったので、確認してみてください!

WordPress初期設定まとめ

前回と今回の記事で、いよいよWordPressで記事を書く準備が整いました。

ただ、WordPressは自分好みに幅広く自由にカスタマイズできるのですが、その分調整範囲は広いので、あとは少しずつ慣れていきながら調整をしていきましょう!

最初は言葉の意味が分からなかったりもすると思うのですが、実際に手を動かしていく中で少しずつ覚えていくので慌てずにブログライフを楽しんでいきましょう!!